あったかい家の育て方

家づくりは現場だけではありません。営業・監督を支える裏方社員が日々起こった楽しい出来事をお伝えします。
MENU

にんじん収穫

春にミニキャロットの栽培キットを購入しました。

ガーデニングデビューです

栽培キットの説明書を読みながら息子と一緒に種を蒔きました。
息子は、この小さな種がニンジンになるというのがまだ理解出来ていないらしく、不思議そうな顔をしつつも楽しいらしくニコニコしながら種蒔きを終えました

数日後・・・無事に芽が出ました

ここまでは良かったのですが、自宅の日当たりが悪かったため、かなりのもやしっ子
泣き叫ぶ息子をなだめながら会社で育てることに・・・。

息子の代わりにたっぷり愛情をそそぎ、会社の皆さんにも可愛がられながら大事に大事に育てました

お日さまと愛情をたっぷり受け、すくすく育つニンジンさん
・・・可愛すぎ

数ヵ月後、もう食べごろかなぁ?というところで会社の皆さんにお別れをし、息子と久しぶりのご対面
息子も大きくなったニンジンを見てニコニコです

・・・いざ収穫!!

息子と一緒に土をほじほじ・・・出たぁ!!!

DSCN0818_convert_20111021150608.jpg

・・・誰!?おじさん!?

見事なおじさん体型に予想外の私は言葉を失い、息子は初めて見るにんじんに呆然・・・
黙り込んだ私に息子は励ましの作り笑い・・・2歳児の必死の作り笑い・・・ありがとう

形はおかしなことになりましたが、その後、にんじんは息子と一緒においしく頂きました。。。
来年は何を育てようかなぁ・・・

By KT

スポンサーサイト

構造見学会

最近のリーファは構造見学会に力を入れています。
それには理由があるのです。

先月末から今週末までの短い期間に、実に4件もの構造見学会が行われています。
行った見学会場の共通点は、全て長期優良住宅であるということ。

日本の住宅は欧米に比べて寿命が短い!
住宅の価値があっという間に下がってしまう!
そんな現状を変えるべく、長期優良住宅普及促進事業という名前で国が動いています。

国が動くとあればお金も動くという訳で、長期優良住宅普及促進事業には補助金制度があります。
その補助金の条件の一つが、構造見学会の実施というわけです。
普及・促進されますね!

もうひとつの理由はリーファのPR不足解消。
構造見学会は完成見学会に比べると、お客様にとっては非常にわかりづらい内容になってしまいがち。
以前行った構造見学会では、見てみたけども、よくわからなかったという声も実際に聞いたこともあります。

今回は、わかりやすくするための工夫をさせていただきました。
以前の反省も含め、リーファの構造を伝えたいとのいう思いを込めて。

なかなか見ることの出来ないリーファの家の中身です。
この機会に足を運んでいただけたら、嬉しいなぁ。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。