あったかい家の育て方

家づくりは現場だけではありません。営業・監督を支える裏方社員が日々起こった楽しい出来事をお伝えします。
MENU

このままいけば。

先週末の水曜日にトイレで有名なTOTOさんの新製品内覧会がありました。
驚いたことに、トイレの性能が大幅に向上。
1回の洗浄にかかる費用が4.8リットルまで抑えられています。

4年前にINAXさんで発表した6リットル洗浄の「eco6」。
当時でも、10年前に比べて半分以下の量で洗浄できると言われていました。
その後、TOTOさんPanasonicさんなどが追随し5.7リットル。
少し前には5.5リットルと、どんどん節水が実現されていたのは知っていました。

しかし、今回発売されているのはなんと4.8リットル!
この4年間で1.2リットルの節水されています。
仮にこのままのペースで進化すれば
2014年には3.6リットル。
2018年には1.8リットル。
2022年には水が不要な便器の完成です。

水洗便器が普及したおかげでトイレは「水廻り」の一部ですが、
もともとはトイレに水は必要なかったですもんね。
水を使わなくなっていくのが当たり前の流れなのかもしれません。

エコや節約を突き詰めると、どうしても過去の生活に行き着いてしまいますが、
便利で、清潔で、お金のかからない。夢のような住宅設備が出来ることを願っています。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://reafanewnew.blog36.fc2.com/tb.php/80-6e6b1ad8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。